全身脱毛、脱毛サロンとクリニックの違いとは?



ムダ毛が生えてくるたびにせっせと自己処理をしているあなた、その時間、もったいないと思いませんか?

全身脱毛を脱毛サロンやクリニックでプロの手によって行えば、気になる部位はもちろん、体のすみずみまでキレイにすることができます。しかも、自己処理にはいろいろとリスクがつきもの。肌荒れに埋もれ毛……フェイスラインでは絶対に避けたいところです。


自己処理ではない脱毛方法。それは「サロンに通う」か「クリニックに通う」の二択存在します。だからこそ、その選択は慎重になるべきなんです。これから全身脱毛の施術を受けたいという方、脱毛サロンと脱毛クリニックの違いはご存知でしょうか?

費用やシステム、施術内容にいたるまで意外と違いは多かったりします。どちらかを選ぶ前に、その内容をきちんと理解しておいた方がよいでしょう。


そこで今回は、全身脱毛においての脱毛サロンとクリニックの違いについて、また、それぞれの特徴についてご説明していきたいと思います。


脱毛サロンの特徴、メリット・デメリット



インターネットで「脱毛」と検索すると様々なサロンの広告が目につくことでしょう。しかし、脱毛サロンとはいったいどんなところなのか、気になりますよね?

1:脱毛サロンの特徴

有名なタレントや女優さんなどが広告モデルに起用されていたりして、美容に興味のある女性にとって魅力的である脱毛サロン。

全国展開しているサロンも多いため、店舗数が多く予約が取りやすいといった特徴があります。立地条件も良く、学校帰りや仕事帰りに通うことが可能です。


脱毛サロンの施術で使用するのは、フラッシュ(光)脱毛が一般的です。

また、スタッフは女性のみというところが多く、VIOラインなどの脱毛をしたいという場合、脱毛サロンを利用すれば安心して施術が受けられます。


美容の知識や実務経験豊富なエステティシャンが施術を行っているサロンがほとんど。脱毛以外にもトータルな美容ケアが期待できます。

全身脱毛にかかる費用についてですが、回数の少ないコースであれば15万円程度で受けられるプランもあります。

2:脱毛サロンのメリット

・脱毛料金が安い

全身脱毛の費用は、クリニックよりもサロンの方が圧倒的に安価です。一括で支払うとなると大金のように感じますが、月額プランの場合なら2万円前後で通うことができるため、無理なく続けられると思います。

脱毛サロンは数が多いため競争が激しいといえます。そのため、サロンによっては破格の料金で受けられる脱毛プランや無料体験サービスなどを行っているところもあります。


・脱毛の痛みが少ない

皆さんが心配している、脱毛時の痛みもほとんどありません。脱毛サロンで使用するフラッシュ脱毛機器は、クリニックで使用する機器よりも出力が抑えられているからです。

中には小学生の子どもやアトピー皮膚炎を持っている方でもOKというサロンさえあるくらいです。


・美肌効果も期待できる

また、顔脱毛においては美肌効果を実感することもできます。お肌がすべすべになったという声も少なくありません!

3:脱毛サロンのデメリット

デメリットを挙げるとすれば、やはりサロンに長い期間通わなければならないことでしょうか。

毛には“毛周期”と呼ばれるものがあり、それに合わせて施術を受けに行く必要があります。毛周期には個人差がありますが、次の施術までの期間はだいたい2~3か月くらいだといわれています。つまり、トータルで1年以上かかる場合もあるのです。


フラッシュ脱毛は痛みがほとんどない分、機械の出力が弱いので、クリニックのレーザー脱毛に比べて効果は少し小さくなってしまいます。そのため、脱毛が完了するまでの期間はクリニック脱毛よりも長くなることを理解しておきましょう。

とはいえ、脱毛完了後にはしっかりと効果を実感することができるので安心してくださいね。


クリニックの特徴、メリット・デメリット



脱毛クリニックといえば、「~皮膚科クリニック」という名前が付いているところ多いですよね。

脱毛サロンとは違う脱毛クリニック、具体的にどんな施術を受けるのでしょうか?

1:クリニックの特徴

脱毛サロンがエステサロンのような外観、内装であるならば、クリニックは“病院”そのものだといってよいでしょう。つまり、サロンは皆さんを“お客さん”と呼び、クリニックは“患者さん”と呼びます。

クリニックでは全身脱毛を「医療行為」と捉えており、施術には医療用のレーザー脱毛機器を用います。施術を行うのは資格を持った医師や看護師が行うため安心感はあると思います。

全身脱毛にかかる費用は、セットプランの場合、トータルで40万円~60万円です。もちろん、分割して支払うこともできます。

2:クリニックのメリット

・効果が高い

クリニックで使用されるレーザー脱毛機器は医療機関のみが認可されています。高い出力で照射することができ、脱毛のパワーが非常に強いといえます。そのため、一度の施術で高い効果を実感できるでしょう。


・短期間で完了する

脱毛サロンは年単位で通う必要がありますが、クリニックの場合は一年以内で完了してしまうといったメリットがあります。


・万一トラブルがあっても安心

また、医療機関ということもあり、脱毛する際に安心感があります。万が一のトラブルへの対処やアフターケアも万全です。クリニックには医師が在籍しているため、その場ですぐに適切な処置が行えます。

3:クリニックのデメリット

クリニックのデメリットは施術時の強い痛みです。一般的に、医療レーザーによる照射はゴムで弾かれたような感覚だといわれています。

特に、太い毛やデリケートゾーンの脱毛などを行う時は、涙が出るくらいの痛みなんだとか。あまりの痛さに「途中で断念した」という女性もいるくらいです。麻酔クリームなどで若干軽減することもできますが、その場合別料金がかかってしまいます。


また、特長の部分で記載した通り、かかる費用がサロンに比べて極端に高いため、ローンを組むにも少し勇気がいるかもしれません。

サロンに比べて数が少なく、全国展開しているクリニックはあまりないといえます。そのため、通いづらいというデメリットもあります。


【まとめ】脱毛サロンとクリニックの違いについて



ここまでで脱毛サロンとクリニック、それぞれがどんなところで、そしてどんな施術を行うのかご紹介させていただきました。

脱毛サロンとクリニックの違いは大きく分けて3つ。まず最も顕著だといえるのが脱毛の料金です。脱毛サロンは料金が安価で通い続けられますが、クリニックは高額となりなかなか手が出せないのが現状でしょう。


また、施術の方法にも違いがありました。サロンでは照射出力は低いものの痛みの少ないフラッシュ脱毛を、クリニックでは一回の脱毛効果が高いゆえに痛みの強いレーザー脱毛を行っています。

さらにいえば、脱毛に関しての捉え方の違いも明らかです。サロンはどちらかというと女性を美しくするための美容の一種と捉えられているようですが、クリニックでは医療行為と捉えられています。


総合的に考えると、全身脱毛をするのなら脱毛サロンの方がメリットが多いと思えます。



以上、全身脱毛においての脱毛サロンとクリニックの違いについて、また、それぞれの特徴についてご説明いたしました。

サロンを選ぶにせよクリニックを選ぶにせよ、スタッフの対応の良し悪し、施術場所の清潔感なども重要視したいところ。実際に足を運び、一度無料カウンセリングなどを受けることをおススメします。

<全身脱毛、脱毛サロンとクリニックの違いとは?のまとめ>

  • 脱毛サロンの施術で使用するのは、肌への負担が少ないフラッシュ(光)脱毛
  • 全身脱毛の費用は、クリニックよりもサロンの方が圧倒的に安価
  • クリニックでは全身脱毛の施術には、一度の脱毛効果が高い医療用のレーザー脱毛機器を使用する
  • サロンでの脱毛はあまり痛みがないが、クリニックでの脱毛は強い痛みを伴う
  • サロンは長期的に通う必要があるが、クリニックはそれよりも短期間で完了できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です