全身脱毛は裸を見られるの?施術時の服装や体勢を教えて!



「全身脱毛ではスタッフの前で裸になるのでは?それは恥ずかしい」という気持ちから、脱毛を躊躇してしまうという方、いませんか?脱毛したい部分にはデリケートな場所が含まれますし、ムダ毛のことをコンプレックスに感じている場合、なお恥ずかしさが増します。

実際に脱毛に最初の施術のときには、「恥ずかしく感じた」という女性は多いようです。とはいえ、サロンでの施術スタッフに男性がいるわけではありませんし、脱毛時の服装や姿勢に関してもサロン側での十分な配慮があります。


想像だけで判断せず、実際の全身脱毛時にはどんな服装や体勢で行うのかを知っておけば、事前にイメージや心構えができます。

来店時にはどんな服装で行くといいのか注意点を確認し、リラックスしてサロンでの時間を過ごせるよう準備しておきましょう。


全身脱毛は裸でやるの?施術時の服装は?


全身脱毛で全裸になることはない

「全身脱毛」というと、一度に全身の処理をすると考える方が多いようです。「じゃあ全身裸になるのでは?」と考えるわけですが、実際には全身を3~4か所のパーツに分け、1回目は両足、2回目には両腕~ワキというように、脱毛を段階的に進めます。

例えば足の脱毛をするのに、上半身も裸になることはありません。施術する部分だけの肌をさらせるようになっているので、全裸になるという状態はないのです。

背中や腰といった広範囲のパーツを処理する時には、肌をさらす面積は広めになりますが、その場合でも準備された紙製のショーツやタオルワンピースを着るため、全身裸というわけではありません。

施術時の服装について

脱毛中の施術着は各サロンによって異なりますが、いずれにしても処理する部分を露出しやすいように工夫された衣類です。薄くやわらかな素材でできていて、施術中に余計な手間なく、効率よく動かせるようになっています。

一般的にはガウンタイプや、外しやすいボタンや紐などで留めるワンピース型です。冷えや乾燥が気になるかもしれませんが、施術時には必要に応じてバスタオルをかけますし、乾燥防止のジェルなどを塗布してくれるサロンもあります。


最も気になるデリケートゾーン・VIO部分の処理では、専用の使い捨て紙ショーツを身に着けます。自前の下着をつけたままでは、冷却ジェルが布地を汚してしまったり、施術がしにくくなる可能性があるためです。

専用ショーツを少しずつずらしながら処理を行うので、最低限の露出で済ませることができ、デリケートゾーンが丸見えになるということはありません。


それでも初めは恥ずかしさを感じるかと思いますが、スタッフはプロとしての仕事を淡々と進めてくれます。そのような対応に次第に羞恥心が減っていき、気持ちよく過ごせるようになります。

脱毛中は目隠しするの?

仰向けで脱毛するときには、目にタオルをかけたり専用のサングラスを着用します。これは目隠しというよりもむしろ、目の保護のためです。うつ伏せの場合には目隠しは必要ありません。

サロンでの脱毛では、光を照射してムダ毛の色素に反応させて処理します。このときの光は強く、直視してしまうと目を傷める可能性があるので、その防止策として目を隠して保護するのです。

その他の意味はありませんが、デリケートゾーンの処理に当たっては顔が見えないこの状況をありがたく感じるという声も聞かれます。


施術時の体勢はどうなの?


各部位により施術しやすい姿勢

基本となるのは施術台の上に仰向け、もしくはうつ伏せの姿勢であり、寝た姿勢でリラックスして施術を受けられるようになっています。対象部分によって処理しやすい姿勢をサロンスタッフから指示され、その通りに体勢を変えていきます。

例えば「腕を上げる」「半身にする」「ひざを曲げる」「ひじを曲げる」といった指示です。足の処理の際には仰向けのときに足の前部分を、うつ伏せで後ろ部分を処理していき、無理な姿勢を取ることはありません。

サロンのサービスでは、「いかに顧客にリラックスして心地よく過ごしてもらうか」を配慮しています。苦痛に感じる姿勢をしたり、不必要に羞恥心を感じさせるようなことはないので、安心して施術を受けて下さい。

デリケートゾーンを処理する時の姿勢

特に心配になるのは、デリケートな部分であるVIOライン処理時の体勢でしょう。

「婦人科の受診のように露出して股を広げる?」と不安に感じるかもしれませんが、そのようなことはありません。片膝を立てて外側に倒すなどして、必要な部分だけを露出して処理を進めます。


・Vライン

おへその下から太ももの付け根までのアンダーヘア部分、いわゆるビキニラインです。Vライン脱毛では、仰向けの姿勢になりそのまま、もしくは少し片足を上げてずらすようにします。

下半身は紙のショーツをつけるか腰にタオルを巻いている状態で、施術するスタッフだけにVラインが見えるようにずらして処理します。

施術を受ける側としては、楽な姿勢で寝ているうちに処理が終わるイメージです。露出部分は最小限で済みます。


・Iライン

Vラインよりもさらに恥ずかしく感じる方が多いのが、陰部両側であるIラインの処理です。こちらでもVラインのときと同様、足をずらしながら処理をしていきます。

下半身が丸見えということはなく、想像したほど精神的負担は少ないので、すぐに慣れてしまうことが多いようです。


・Oライン

肛門周辺のOラインが一番恥ずかしく感じる方もいるでしょう。基本的にうつ伏せの姿勢で、サロンによっては四つん這いや横向きの体勢もあるようです。女性スタッフ2人で行われ、一人はお尻の周囲の皮膚を広げ、もう一人が脱毛処理をする場合もあります。

お尻の穴を見られるのは恥ずかしく感じるものですが、慣れればさほどのストレスではなく、処理そのものも不快なものではありません。

デリケートゾーンは省くという選択も

カスタマイズできるプランで、全身脱毛でもデリケートゾーンは省いてもらうという選択もあります。まめなお手入れが必要ですが、自宅で家庭用脱毛器を使って処理することも可能です。

しかしVIOラインは、水着を着用する時や温泉に入る時などにやはり気になりますし、毛が濃く太い場合が多く、自己処理は大変です。全身脱毛するのであれば、思い切ってきれいにしておきたいところです。


サロンに行く際の服装で注意する点はある?


肌に優しいゆったりした服装で

施術着が用意されているので、サロンへ行く際の服装について特に指定されることはなく、基本的にはどんな服で行くのも自由です。仕事帰りやお出かけの途中ということもあるでしょう。術前術後に着替えがあるので、できれば脱ぎ着しやすい服装が楽ですね。

注意したいのが術後です。脱毛後の肌は少なからずダメージを受けているので、例えばスキニーパンツなど、体にフィットする衣服や硬い布地などでは、こすれた肌が刺激を受けてしまい、肌トラブルのもとになりかねません。


できれば肌に優しい素材の、ゆとりのある服装が望ましいでしょう。夏であれば、術後の肌を紫外線ダメージから守るため、ゆったり素材のカーディガンや帽子などがあると安心です。

裸を見られるのかと不安に思っていた方も、実際の服装や体勢が分ってイメージが具体的になり、脱毛にチャレンジしやすくなったのではないでしょうか。安心して通えるサロン選びは、ネットの口コミランキングサイトが便利です。

<全身脱毛は裸を見られるの?施術時の服装や体勢を教えて!・まとめ>

  • 段階的に処理するので裸になることはない
  • 動きやすい施術着で紙のショーツやブラをつける
  • 無理な姿勢はなくリラックスして受けられる
  • VIOゾーンの処理でも最小限の露出で済む
  • 想像するような恥ずかしさはなく慣れるもの
  • 肌がこすれないようなゆったりした服装で来店する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です