全身脱毛はすっぴんで行かないとだめ?サロンでメイクオフするのはあり?



「ムダ毛処理の煩わしさから解放されたい!」と、いざ全身脱毛を決心してみると、初めての体験でもあるために「こんなときはどうすればいいんだろう」という小さな疑問や不安が出てくるものです。

そんな疑問のなかでもよく聞かれるのが、「脱毛にはノーメイクで行ったほうがいいの?」というもの。サロンまですっぴんで行くのは恥ずかしいという方や、脱毛の後予定が入っているからメイクしたい、という場合もあるでしょう。

全身脱毛はすっぴんで行かなくてはならないのかどうか、その理由も含めて解説します。またメイクをしていく場合、すっぴんで行く場合、そして脱毛後のメイクの可否についても、それぞれに注意すべき点があるので、しっかり確認しておきましょう。


全身脱毛はすっぴんで行かないとだめなの?


メイクをして行ってOK

腕や足のムダ毛も気になりますが、鼻の下の青みも気になりますよね。顔は人の目がいきやすいところであり、いくらきれいにメイクしてもムダ毛が目立ってしまっては残念です。

以前は比較的割高だった顔脱毛ですが、最近ではより手ごろな料金で受けられるようになり、全身脱毛のメニューのなかに顔脱毛を入れているケースは多いと思います。


そのような場合でも、メイクをしてサロンを訪れて問題ありません。逆にすっぴんで行ってもOKです。結論として「どちらでも大丈夫」ということになります。

ただしメイクをしたまま顔脱毛の施術を受けることは出来ないので、必ず事前にクレンジングすることになります。


サロンには、クレンジングやメイクのためのパウダールームやブースが設けてあり、クレンジング剤や基礎化粧品が備え付けで自由に使えるので安心です。もちろん、普段使っている化粧品を持ち込んでも構いません。

店舗によっては、施術前のクレンジングから残毛処理までスタッフが行うところもあります。また、残毛は施術の1~3日前に自己処理し、当日は自分でクレンジングをしてから施術を受ける、というサロンもあります。

脱毛前にメイクを落とす理由

脱毛の前にメイクを落とさなければいけない一番の理由は、メイクしたままでは脱毛効果が減ってしまうためです。脱毛部分にメイク成分が残っていると、脱毛器で照射する光が十分に毛根に届かず、脱毛の効果が得られにくくなってしまいます。

もう一つの理由として、肌に触れる脱毛器にメイク成分がついてしまうことで、照射がうまく行われなくなってしまうこと、不衛生な状態になってしまうことが挙げられます。

月に1~2回しかない脱毛のチャンスを十分に活かし効果を得るためには、素肌で施術を受ける必要があるのです。


メイクをしていく場合の注意点


当日は薄づきのメイクで

お店でクレンジングできるとはいっても、がっつりメイクではクレンジングに手間や時間がかかりますし、落とし残しの心配もあります。施術に影響が出ないよう、当日は薄めのメイクを心がけましょう。

アイメイクについては相談を

メイクのなかでも手間と時間がかかりがちなのが、アイメイクです。「アイメイクも落としてまたやり直すのは大変」という方は、アイメイクを落とさずに施術してもらえないかサロンスタッフに相談してみましょう。

デリケートな目の周辺は脱毛が難しいため、鼻の下やあご部分の脱毛などであればアイメイクは落とさなくてもOK、というサロンは少なくありません。とはいえ、すっぴんでなければだめという方針のサロンもあるので、契約時のカウンセリングで確認しておくと安心です。


すっぴんで行く場合の注意点

紫外線対策は忘れずに

どうせ落としてしまうメイクですから、「サロンまでの時間はすっぴんで過ごしてもいい」という方はもちろん、素顔のままサロンへ行って大丈夫です。ただし日焼け対策は忘れないようにしましょう。

メイクをしていれば、化粧品の成分が肌を覆ってある程度紫外線対策効果が得られますが、すっぴんの肌は全く無防備な状態です。できれば日焼け止めを塗っていきたいですね。


ただし日焼け止めも、メイク同様に施術前に洗い流す必要があります。日焼け止めが付着した肌に脱毛の光を照射すれば、何らかの化学反応が起きて肌トラブルのもとになったり、十分に脱毛効果が得られない可能性があるためです。

ウォータープルーフタイプやクリームタイプは毛穴に詰まりやすく、クレンジングが大変なので、比較的洗い流しやすいスプレー、ジェル、リキッドなどを選びましょう。


とにかく施術前にクレンジングしたくないという場合には、すっぴんに日傘、帽子、サングラス、マスクなどを使って、サロンまでの道のりでの紫外線から、しっかり肌をガードしましょう。


脱毛後はすぐにメイクしても良いの?


肌が落ち着いてからメイク可能

脱毛後にメイクができるかどうかも、気になる点ですよね。基本的には「脱毛後にメイクをしてもOK」ということになっています。

ただし注意点があります。脱毛後の肌は熱を持ち、敏感な状態で、まずは肌を落ち着かせるための水分補給が欠かせません。肌に優しい化粧水で保湿しながら、待合室やパウダールームで肌が落ち着くのを待ち、脱毛部分のほてりが消えたのを確認できたらメイクをしても大丈夫です。


その際にも肌への負担が少ないよう、軽めのメイクで済ませるようにしてください。できれば、メイクはせずに日焼け止めのみ、もしくはそのあと軽くパウダーをはたく程度で済ませたほうがベターです。その場合、マスクやサングラスですっぴんをカバーするのもおすすめです。

施術後の赤みや腫れがある場合には、メイクは控えるようにします。一般的には、アイシングや保湿をすることで赤みや腫れは少しずつ治まっていきますが、このようなアフターケアでも治まらない場合や、痛みや熱、違和感があるときには、早めにサロンスタッフに伝えて対応してもらうか、皮膚科を受診してください。

肌に優しいケアを

脱毛後に何か特別なケアをする必要はありませんが、熱を持った肌が乾燥しやすかったり、敏感になっていることは確かです。肌のバリア機能を充分に高められるよう、帰宅後もしっかり保湿します。化学成分など刺激の多い化粧品をすぐに使うのは控えてください

洗顔はいつも以上に優しく丁寧に行い、ゴシゴシ擦ったり、刺激の強い洗顔やクレンジングは使わないようにします。


脱毛前はクレンジングが必要だったり、できるだけすっぴんで過ごしたほうが良かったり、ちょっと面倒に感じるかもしれません。でも、顔脱毛でムダ毛が除去された肌は、化粧水や乳液がグングンと浸透するのが感じられ、化粧ノリが良くなります。

脱毛することで、産毛に雑菌や皮脂がつくことがなくなり、肌が清潔になって吹き出物や炎症が起こりにくくなるとも言われます。全身脱毛で肌の手入れが楽になるだけでなく、肌がより美しくなれば、気持ちも明るくなりますね。


メイクやケアについての方針は店舗によって異なるので、気になる点は事前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

<全身脱毛はすっぴんで行かないとだめ?サロンでメイクオフするのはあり?・まとめ>

  • メイクして行ってもすっぴんでも大丈夫
  • 術前のメイクオフは脱毛効果や衛生のため
  • メイクしていくなら薄づきで
  • すっぴんで行くときは紫外線対策を忘れずに
  • 脱毛後のメイクは、保湿してほてりが取れてから
  • 帰宅後も保湿を中心に肌に優しいケアを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です