彼氏や旦那にバレずに全身脱毛するのは絶対無理?!



全身脱毛しようと決意する理由には色々なものがあると思います。「ムダ毛処理の手間をなくしたい」「ずっとコンプレックスだったムダ毛を何とかしたい」「手触りのいい美しい肌にしたい」といった理由もあるでしょう。

そのなかには、自分のためという意識だけでなく、彼氏や旦那さんなど自分のパートナーに「きれいと思われたい」という意識が含まれていますよね。


しかしこのような気持ちがあるからこそ、「脱毛をパートナーに言うのは恥ずかしい」と思う女性は多いのです。特に気になるのがデリケートなVIOライン。普段の生活のなかではパートナー以外の目に触れることの無い部分です。

自己処理だってこっそり行っているのに、脱毛に行っているなんてとても言い出せない・・・というとき、果たして彼氏や旦那にバラさないまま全身脱毛することは可能なのでしょうか。そしてVIO脱毛でパートナーを驚かさないよう、出来る対策を考えてみましょう。


彼や旦那にバレずに全身脱毛は無理?


ムダ毛は異性からどう思われてる?

あるアンケート調査では、男性の約7割が「女性のムダ毛が気になる」と答え、どの部分のムダ毛が気になるかという質問では、腕→顔→ワキ→足→ビキニラインの順に気になる方が多いという結果になりました。

脱毛までしなくてもいいと思う、という意見の男性もいますが、やはりパートナーにはすべすべの肌でいてほしい、と考える男性は多いようです。

バレやすい人、バレにくい人

生活環境やパートナーとの関係、お金の管理法などによって、脱毛がバレやすい場合、逆にバレにくい場合があります。どんな時にバレてしまうのか、チェックしてみてくださいね。


・パートナーに内緒で出かけられる?

脱毛を内緒にしておくには、彼氏や旦那に黙ってサロンに行くか、もしくは嘘をついて出かけることになります。そういった言い訳をしやすい方は、パートナーにバレずに脱毛することができるかもしれません。

例えば専業主婦であれば、夫が仕事に行っている間にサロンに行けばバレることはありません。働く女性の場合、夫が不在の時間が決まっていて、サロンの予約を合わせられればればいいですが、そうでない場合には残業のふりをしたり、休日出勤のふりをするなどカムフラージュが必要です。


脱毛とは言わず、ただ「エステに行く」と伝えるのも一つの方法です。エステには脱毛コースだけでなくフェイシャルやマッサージのコースがありますから、パートナーは「自分磨きかな」と思ってくれます。

このとき、サロンのカードが目に触れて「脱毛専門」ということがバレる可能性があるので、脱毛以外のメニューがあるお店にしておくとなお安心です。


・家計の管理は分けている?

腋などの部分脱毛であればさほどの料金ではありませんが、全身脱毛となればまとまったお金が必要です。彼氏や旦那と家計を一緒にしているとき、へそくりや自分の貯金から捻出するのでない限り、それだけの金額をパートナーに内緒で使うのは難しいでしょう。

自分が家計を預けられていて、支出内容に関してパートナーが無頓着だったり、完全に互いの財布を分けている場合には、バレずに脱毛できる可能性があります。ただし少しでも家計に関心があるパートナーだと内緒には出来ないかもしれません。


・ローンを組むとバレやすい

脱毛費用はまとまった金額なので、ローンを組みたいと考える方は多いですが、ローン契約をすると関係書類が郵便で届いたり、確認の電話がかかってくるケースがあり、パートナーに怪しまれる可能性が高くなります。

クレジットカード払いの場合、明細を見られるとバレてしまいますね。現金一括払いであればこのような心配がありません。


・契約書類でバレることも

脱毛ではサロンと契約を交わし、書類を受け取ります。持ち帰った契約書類をパートナーが見つけて、脱毛がバレる場合があります。


・VIO脱毛する場合

腕や足に比べ、腋やVIOラインといった毛の濃い部分の脱毛では、明らかに見た目や肌触りが変わります。また、脱毛する箇所はシェーバーなどで全処理する必要がありますので、普段生やしっぱなしにしている方はバレてしまいます。

思い切って打ち明けるのもあり

パートナーに出会う前に脱毛を済ませていたり、毛深くないフリをしたまま内緒で脱毛出来ればいいですが、現実はなかなか理想通りにいかないものです。バレてしまうのでは・・・とひやひやしながら脱毛に通うよりは、思い切って脱毛を打ち明けるのも手です。

細かいことを伝えなくても、「今どきみんな通っているから」「安いお店があったから」とさり気なく言えるといいですね。


VIO脱毛で驚かせないための対策!


VIO脱毛とは

ショーツ脇からムダ毛がはみ出しがちなビキニライン、陰部両サイドのIライン、肛門周辺のOライン、これらデリケートゾーンの処理をVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)と呼びます。近年は日本の女性の間でも、身だしなみのひとつとして関心が高くなっています。

VIO脱毛をすると、ムダ毛の心配なくセクシーな下着や水着を着こなせるだけでなく、生理のときの雑菌の繁殖を防いで痒み・臭い対策になります。


デメリットとしては、サロンスタッフにデリケートな部分を見せるのが恥ずかしいということ、かといって自己処理はなかなか難しい点が挙げられます。

VIO脱毛へのハードルが低くなりつつあるとはいえ、全く毛のない状態は恥ずかしいという方も多いようです。その場合、VIOラインを好みのデザインに脱毛する方法もあります。

VIO脱毛、男性からの意見は?

VIO脱毛に対する男性の意見は、おおむね前向きなものです。「チクチクしないのが嬉しい」「毛がない方がきれい」「気を遣っていることが分かる」といった声が聞かれます。一方で、ムダ毛があった方が好みという意見も見られ、機会があればパートナーの好みを聞いてみるといいかもしれません。

VIO脱毛は彼氏や旦那にバレやすい

一般的な夫婦、カップルであれば、VIO脱毛を隠すことは難しいでしょう。Oラインであればバレないかもしれませんが、Iラインのムダ毛が突然なくなっていれば、やはりパートナーは気が付きます。

Vラインを薄くするだけなら内緒にできるかも・・・と思うかもしれませんが、薄くする方法として、3~4回全剃りしてから照射することを繰り返していきます。全てツルツルになるタイミングがあり、やはりパートナーに隠すのは難しいでしょう。

VIO脱毛でびっくりさせないためには?



パートナーにアンダーヘアを見られる機会が少ない場合には、うまくごまかせるケースもあります。全剃りした後しばらくすると、休止期だった毛が生えてきます。それまでの全剃り直後は、「生理中」ということにして隠すのも方法のひとつです。

VIOラインをあらかじめ自分で理想の形に整えておき、そのうえで脱毛をすると変化が少なくて済み、気づかれにくくなります。いきなり剃るのではなく、まずは短くカットして梳いておくことでアンダーヘアを薄く見せることが可能です。


アンダーヘアをまじまじと見るという男性はそう多くないものです。Vラインの下着からはみ出る部分を整える程度であれば、よりバレにくくなります。

全身脱毛では、ある程度の期間サロンに通う必要があります。その間ずっとパートナーに隠し続けるのはなかなか大変ですよね。できれば、きちんと伝えておくのがおすすめです。


付き合ってすぐの相手に伝えるのは気が引けますが、気心の知れた彼氏や夫であればそれほど心配することはないとも考えられますよ。

<彼氏や旦那にバレずに全身脱毛するのは絶対無理?!・まとめ>

  • パートナーが不在中にサロンに行けるとバレにくい
  • 家計が一緒だったりローンを組むとバレやすい
  • VIO脱毛は気づかれる確率が高い
  • VIOゾーンの好みをパートナーに確認できればベスト
  • VIOラインを予め整えておくと変化が少ない
  • 思い切って伝えることも検討してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です