全身脱毛、色黒・地黒だと施術を断られるって本当なの?



同じ日本人でも元々肌の色は白い方もいれば、どちらかというと色黒という方もいます。なかには特に日焼けしやすい環境で色黒になってしまった、ということもあるかもしれませんが、ほとんどの場合は生まれつきの肌色が違っています。

そんな色黒・地黒の方が「全身脱毛したい」と考えるときに気になるのが、「色が黒いとサロンでの脱毛を受けられない」という情報です。


このように言われるのには確かに理由がありますが、色黒だと絶対に脱毛できないというわけではありません。色黒の方でも利用できる最新機器を紹介します。

また、脱毛効果を上げるためにできることや、脱毛にとって絶対NGな日焼けについて確認し、おすすめの対処法をまとめます。


色黒・地黒は脱毛ができないって本当なの?


脱毛はできるけど効果が得られにくい

サロンやクリニックで行うレーザー脱毛、光脱毛では、濃い色に反応する特殊な光を照射します。この光は色が薄い肌には反応せずにそのまま通過していき、メラニン色素がある毛根に反応を起こして作用します。こうして毛が抜け落ちるのを促し、肌を傷つけることなく脱毛できるようになっています。

一般的な日本人の肌色に黒いムダ毛であればこの仕組みがうまく機能しますが、色黒・地黒の肌では条件が違ってきます。そのまま照射すると肌の黒色に反応して火傷や色素沈着などのダメージが起こりやすいのです。そこで光の出力を下げて照射することになり、その結果脱毛効果が弱まってしまいます。


肌色より毛の色の方が濃ければ理論的には脱毛可能なわけですが、やはり効果は下がります。そのため色黒の肌は、脱毛にとっての条件が悪いと言えます。実はこれが欧米人や黒人では光脱毛を行う方が少ない理由であり、海外ではワックス脱毛の方が人気なのです。

黒人の場合、やはり脱毛器の光が肌色に反応してしまい、白人では肌色だけでなく毛の色も薄いために、光が反応しづらくなり、いずれも効率が良くありません。実は日本人のような黄色人種こそ、光脱毛に向いている肌色・毛色なのです。

色黒・地黒の方でも使える脱毛機器



日焼け肌、地黒の肌だと施術を断られてしまうサロンやクリニックがあります。しかし最近では、メラニンに反応しない光を用いることで色黒の肌にも使える脱毛機器が登場しています。

休止期の毛穴に反応する光を照射し、発毛を防ぐことでムダ毛を減らしていく「ハイパースキン脱毛」では、38度以上には温度が上がらず、色黒、敏感肌の方でも利用できます。痛みもないため、ハイパースキン脱毛を扱うことで3歳からの脱毛を受け付けるサロンもあります。


「SHR脱毛」は、ジェルの上から出力の弱い光を連続して照射することで、毛包にだけ集中的に作用するものです。産毛にも効果が見られます。

クリニックで使用される「メディオスター」「ソプラノ」「ヤグレーザー」も、色黒の肌に使用可能です。メディオスターでは皮脂腺下の特定の部分にレーザーを当てて、毛を再生する命令を出す細胞を破壊します。熱エネルギーを使用せず、かつ毛周期を選びません。


ソプラノは、広範囲に光を繰り返し照射することで脱毛効果を引き出します。メラニンには反応せず、温かさを感じる程度の刺激しかありません。ヤグレーザーは黒人にも使用できる脱毛機器なので、地黒の日本人の方ももちろん使用可能です。

肌色の黒さが心配という場合、これらの機器を導入する店舗での脱毛を検討すると良いでしょう。

ニードル脱毛という選択肢も

ニードル脱毛(針脱毛)であれば、肌の色に関係なく行うことができます。ただしかなりの時間と手間がかかる脱毛法なので全身の処置は難しく、特定の部位だけであれば検討可能でしょう。ニードル脱毛を扱うクリニックは少ないので、通える店舗を探すのがなかなか大変かもしれません。


脱毛効果を上げるための方法


美白だけでなく紫外線対策を

元々肌の色が黒いからこそ、美白を重視した肌ケアを続ける方は多いと思います。しかし残念ながら、これ以上肌を黒くしないための予防にはなっても、もともとの肌色を白く出来る可能性はほとんどありません。

ハイドロキノンなど漂白作用が強い美白成分を使えば多少は色白に近づけるかもしれませんが、副作用や肌トラブルのリスクがあります。

もちろんシミの予防は大切であり美白ケアそのものは無駄ではありませんが、美白だけに頼らずにしっかり日焼け対策を続けて、肌に良い生活習慣を意識するといった日々の積み重ねが大切です。

脱毛前後の保湿で効率アップ

脱毛前に保湿をして水分量をアップさせることで、光やレーザーが通りやすくなって脱毛効果が上がるうえ、照射時の痛みが軽減します。普段から保湿を心がけるに越したことはありませんが、少なくとも脱毛1週間前から重点的に保湿しておきたいですね。

施術においては、光を照射して毛根のタンパク質が固まるとき、周囲の肌の水分が奪われます。その分保湿で補うことが重要です。施術後数日すると自然にムダ毛が抜け落ちますが、このとき保湿が足りないとスムーズに毛が抜けなくなります。


照射後の肌は熱によって乾燥し、バリア機能が低下しています。肌ダメージから肌を保護するために保湿が欠かせません。

化粧水をたっぷりつけたコットンで、ローションパックするのもいいですね。ただしコットンを長時間乗せすぎると、逆に肌の水分が奪われるので注意してください。その後、乳液やクリームの油分で肌に蓋をし、潤いを閉じこめます。色黒の肌の脱毛でもやはり保湿を大切に、少しでも脱毛効率を高めておきましょう。


絶対NGなのが日焼け肌!


日焼け後の脱毛は肌が落ち着いてから

強く日焼けした後には肌がほてっていますよね。肌内部にかなりの熱を持った状態で、軽いやけどとも言えます。そんなタイミングで光脱毛を行えば、さらに熱が加わり、肌の炎症が悪化してしまいます。

日焼け直後は絶対に光脱毛を受けてはいけません。日焼け後一週間程度経って、肌のほてりが治まり状態が落ち着けば脱毛が可能になります。ほてりを鎮め肌の調子を整えるには、やはり保湿が大変役に立ちます。


まずはカウンセリングを受けてみよう

脱毛できる条件はお店によって違う

施術予約日の前にうっかり日焼けしてしまうと、お店によっては施術を断られる場合があります。このような脱毛の可否や出力についての判断基準は、クリニックやサロンによってばらつきがあり、あるお店で「脱毛できません」と言われてしまっても、別のお店ではOKということがあります。

色黒でも脱毛できるお店を選ぶ

取り扱いは少ないですがニードル脱毛できるところや、メラニン色素に反応しない特殊な脱毛機器を扱うお店など、色黒・地黒でも安心して脱毛できるクリニック・サロンを探してみましょう。

ニードル脱毛は手間かかかり費用もかさみますが、その他の脱毛機器では通常の光脱毛に比べものすごく費用が高いということもなく、十分に選択肢の一つとして検討できます。

自分では肌の黒さをコンプレックスに感じていても、施術する側から見れば「全く問題ない程度」の黒さかもしれません。まずはカウンセリングで直接相談し、肌の色を診てもらいながら希望する脱毛を見つけてはどうでしょうか。

<全身脱毛、色黒・地黒だと施術を断られるって本当なの? まとめ>

  • 色が黒いと脱毛の光が肌色に反応してしまう
  • 色素に反応しない照射で脱毛できる最新機器がある
  • 取扱いは少ないがニードル脱毛という選択肢も
  • 紫外線対策、保湿で脱毛効率アップ
  • 日焼け後は保湿して肌が落ち着いてから施術を受ける
  • まずはカウンセリングを受けてみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です