全身脱毛をするとホルモンバランスに影響が出るって本当なの?



「全身脱毛がホルモンバランスに影響する」という噂を耳にしたことがありませんか?全身のムダ毛をきれいにしたい、と思っていても、そんな噂を耳にすれば不安になってしまいます。

結論から言えば、全身脱毛をしたからと言ってホルモンバランスが乱れるということではありません。どうしてこのような噂が広まってしまうのか、その理由は、体毛とホルモンの関係性にあります。


「全身脱毛したのに逆に毛が濃くなった、脱毛したところにまた毛が生えてきてしまった」といった状況に、ホルモンが関係するケースがあります。

全身脱毛の前に、ホルモンバランスと発毛・脱毛の関係についてよく理解しておくと安心です。


全身脱毛をするとホルモンバランスが乱れるって本当?


ホルモンバランスと体毛の関係

男性ホルモンが薄毛の原因となっていたり、妊娠すると体毛に変化があったり。女性であっても、ストレスや生活習慣の乱れによって男性ホルモンの分泌が過剰になり、ひげが濃くなることがあります。このように、ホルモンバランスが体毛の状態に影響することは確かです。

全身の体毛は、影響を受ける性ホルモンによって大きく3つに分けることができます。

・両性毛(男性、女性の両ホルモンが関係)→腋毛、VIOラインのアンダーヘアなど
・男性毛(男性ホルモンが関係)→ひげ、胸毛、腹毛、背中の毛、耳毛など
・無性毛(性ホルモンがほとんど関係しない)→眉毛、まつ毛、腕、足の毛、髪の毛など

このように、男性ホルモン、女性ホルモンのバランスによって各場所の体毛が濃くなったり太くなったりします。

このことが誤って解釈されて、「全身脱毛によって体毛が減るとホルモンバランスが崩れる」という説が生まれたのかもしれません。全身の各部分を脱毛をすることで、ホルモン量が変化してしまうという考えかたかもしれませんね。

しかし、既に生えている体毛を抜いたからといって、それが原因になってホルモンバランスに影響を与えるようなことはないと考えられます。ホルモンバランスが体毛に影響することはあっても、逆に体毛の量がホルモンバランスに影響するというわけではないのです。

脱毛用機器の影響は?

では、全身脱毛で使用する脱毛器、医療機器がホルモンバランスに影響することはないのでしょうか?この疑問については、光脱毛、レーザー脱毛の仕組みを見てみると答えが分かります。

機器の光やレーザーが体毛のメラニン色素に反応し、体毛に熱を発生させます。この熱が毛根にある毛母細胞を破壊することで、体毛が抜け落ちたり、毛が再生しにくくなります。


つまり脱毛器の波長は毛根と毛母細胞に反応するものであって、ホルモン分泌・運搬に関わるリンパ節や血管には作用せず、ホルモンバランスの悪化に関わることはありません。

実は光脱毛の仕組みは、波長が違うだけでフォトフェイシャルなどの美顔器に用いられているものと同じです。したがって、脱毛によって肌のコラーゲン生成量がアップしたり、キメが整う、色が白くなるなどの美肌効果も期待できるといいます。


「脱毛器でホルモンバランスが崩れたら肌トラブルにつながりそう」という不安が浮かぶかもしれませんが、ホルモンバランスを崩すことはなく、むしろ美肌に役立つ可能性があるのです。


脱毛したのに毛が濃くなったり、再度生えてくるのは何故なの?


毛が濃く太くなる脱毛リスク

脱毛を続ければ、だんだんと毛は薄くまばらになってくるはずですが、「逆に濃くなったり、太い毛が生えてきてしまった」という体験が稀に聞かれます。これは「硬毛化」「増毛化」と呼ばれる現象で、脱毛で起こりえるリスクのひとつです。

産毛などでの発生が多く、原因は解明されていないものの、脱毛施術の際の毛穴や皮膚への刺激によるのではないかと考えられています。

施術を重ねることで状態は改善されていくものですが、硬毛化、増毛化が見られた時にはサロンスタッフに相談するようにしてください。ただし、脱毛のせいでホルモンバランスが崩れた結果ではないので、その点は安心してOKです。

脱毛は無毛になるわけではない

「永久脱毛」というと、全身脱毛すればもう二度と毛が生えてこないと考える方は多いのではないでしょうか。しかし「永久に」ということは実際にはなく、例えば米国電気脱毛協会では、永久脱毛の定義を「脱毛が終了して1ヶ月後時点での毛の再生率が20%以下である場合」としています。

ですが、「せっかく脱毛してもまたムダ毛に悩まされるの?」と不安になることはありません。

納得できる状態までしっかり施術すれば、数年はほとんどムダ毛のない状態が続き、その後も「ほぼ生えていない」という状態の場合がほとんどです。少なくとも、ムダ毛処理の手間はなくなると思ってよいでしょう。

脱毛後に再び毛が生えてくる要因は?

光やレーザーに反応しなかったごく薄い産毛が、後になって黒く太い毛に変化して「毛が生えてきた」状態になる可能性があります。特に腕や足など摩擦の多い部分では、このように毛が濃くなりがちです。

ホルモンバランスの乱れや体質の変化で、脱毛後の肌に毛が再生することがあります。生活習慣やストレスの影響というケースもありますが、女性にとって気になるのが、出産前後の体毛の変化です。

「出産前は体毛が薄くなったのに産後は濃くなり、永久脱毛した部分にまで毛が生えてきてしまった」といった悩みが見られます。妊娠中~出産後はホルモンバランスの急激な変化が起こり、抜け毛や体毛の増加などが起こります。

アフターフォローのあるお店がベスト

このように、永久脱毛後も再び毛が生えてくる可能性を考えると、アフターフォローがしっかりしている店舗を選んでおくのがおすすめです。レーザーや光で反応せずに残った毛は熱に強いことが多く、再び脱毛器で処理するよりも針脱毛を選択すると、より確実に処理できます。


ホルモンバランスの乱れによって脱毛NGの場合もあります


妊娠したら脱毛は一時中断

サロンでの全身脱毛は、毛周期に合わせて数年かけて行うものです。もちろんその間に、妊娠、出産を経験する方もいます。妊娠~出産の時期は、妊娠継続のためにホルモンバランスが大きく変化します。

肌も敏感になりやすいことから、脱毛を続けることは出来ません。妊娠したことが分かったらすぐにサロンスタッフに伝え、脱毛はしばらくお休みします。

脱毛再開のタイミングは、一般的に出産後の定期的な生理が2回以上訪れてから、とする場合が多いですが、サロンの方針や個人差もあります。できれば焦らずに、ゆっくりと体調が落ち着くのを待ちましょう。授乳中の脱毛は可能ですが、乳輪周り、胸、両腋の処置は授乳を終えてからになります。

女性ホルモンのバランスを乱すのは?

女性の身体では、生理周期とともにホルモンバランスが大きく変化し、生理前にはイライラしたり肌荒れが起きたり・・・といった変化を引き起こしています。

やむを得ない生理周期以外にも、過度のストレスや睡眠不足、運動不足、生活習慣の乱れ、疲れ、極端なダイエット、飲酒や喫煙などで女性ホルモンが影響を受けます。

ホルモンバランスの乱れから脱毛をしばらく休みたい、となったとき、予約をフレキシブルに変更出来たり、ある程度の期間お休みできるなどの対応があれば嬉しいですね。このような相談をしやすいような、安心して通える雰囲気のお店を選ぶことも大切です。

<全身脱毛をするとホルモンバランスに影響が出るって本当なの?・まとめ>

  • 毛量がホルモンバランスに影響するわけではない
  • 脱毛器はホルモンに影響せずむしろ美肌に良い
  • 硬毛化、増毛化はホルモンのせいではない
  • ホルモンバランスの変化で毛が再生するケースも
  • アフターフォローがあり相談しやすい店を選ぶ
  • 妊娠したら全身脱毛はいったん中断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です