全身脱毛、自己処理してもシェービング代をとられるって本当なの?



全身脱毛をする前に知っておくべきことのひとつが、「施術前には絶対に自己処理が必要」ということです。脱毛を体験してみると、事前の自己処理の大切さを実感することとなります。

なかには「ちゃんと処理したつもりなのに追加でシェービングされて費用を取られてしまった・・・」という体験談も。しかも、剃り残しへの対応やシェービング費用はサロンによって少しずつ違っています。

脱毛前の自己処理がなぜ大切なのか、シェービングが追加されてしまう理由やその対策をまとめ、各サロンでの剃り残し対応についても比較していきます。


脱毛は自己処理していくのが基本!



以前は事前のシェービングはサロンが行うところもありましたが、最近は施術の2日前~前日までに自己処理してから来店するのが普通です。

うっかり自己処理を忘れてしまうと、安全性を優先しその日の施術は出来ない、というサロンもあります。毛周期に合わせた脱毛のチャンスを逃さず、効率よく脱毛を進めるには、忘れずに自己処理する必要がありますね。

自己処理していく理由

脱毛前の自己処理が必要な理由は、安全に、効率よく脱毛を行うためです。光脱毛では、ムダ毛の毛根部分のメラニン色素に特殊な光を反応させて、ムダ毛が抜けるのを促します。

たくさんのムダ毛が長く伸びた状態では、ムダ毛全体に光が反応してしまいます。熱エネルギーが過剰になって焦げてしまうなど火傷の状態になりかねず、安全な施術が出来ません。

効果で見てみると、光を毛根に集中させられずに脱毛効果が分散・減少したり、色素に反応し過ぎないように光を弱めることで、脱毛効果もまた弱まってしまいます。安全に、効率のいい脱毛をするために、施術前の処理が欠かせないのです。

自己処理のタイミングや方法は?

ベストなタイミングは、施術日の2日前~前日とされます。施術当日の処理はよくありません。

自己処理で毛を剃る際に、どうしても肌の角質が一緒にそぎ落とされるなどのダメージを受けるため、施術による肌への負担が大きくなります。最低でも1日、できれば2日ほど、施術までに肌の回復期間を置くようにします。

肌を傷つけやすいカミソリは避け、電気シェーバーで行います。毛抜きの使用は、光を反応させる毛根までなくしてしまい、脱毛効果が減ってしまうためNGです。ムダ毛の長さはだいたい2mmぐらいまでならOKと言われます。

手の届かない部分、デリケートゾーンは?

背中やお尻などの自己処理は難しいですよね。家族に処理してもらえる環境であればいいですが、そうではない方の方が多いと思います。

そんな場合無理をする必要はなく、ほとんどのサロンで手が届かない場所については有料もしくは無料でシェービングしてくれます。ただし、シェービングを行わない方針のサロンもあるので事前に確認しておきましょう。

デリケートゾーンの自己処理では、まずハサミで毛を短くカットしてから電気シェーバーで処理します。肌への刺激を最小限にするため、毛の流れに沿ってシェービングするのがコツです。


自己処理したのにシェービング代がとられた・・・!!


剃り残しへの対応

きちんと自己処理したつもりでも、見えにくい部分など剃り残しがある場合も。そんなときのサロンの対応はそれぞれで、剃り残し部分を避けて脱毛を行うところもあれば、サロンで別料金のシェービングを行ってから脱毛するところ、無料でシェービングが受けられるところもあります。

また、電気シェーバーを持込み、その場で自分で処理するケースも見られます。そもそも刃物であるシェーバーの使用には注意が必要で、医療行為に当たるとして禁止し、「絶対にシェービングはしない」という方針のサロンもあるのです。

きちんと処理したつもりなのに・・・

自宅でばっちり処理してきたと思っていても、スタッフに「剃り残しがあるのでシェービングします」と言われてしまい、シェービング料金を支払うケースが少なくないようです。処理したものの、その後の毛の成長が早くすぎてシェービングになるケースもあります。

自己処理していくのに毎回必ずシェービングされてしまい、「1,000円程度だから」と諦めて払ってしまうと、回数を重ねて、全身脱毛ではかなりの出費になってしまいます。

なかには事前に断りもなく、当然のようにシェービングから始まり、術後に代金を請求されてしまうというパターンも。脱毛サロン選びでは、剃り残しやシェービングの対応について、口コミなどでしっかりチェックしておいた方が良いでしょう。


各脱毛サロンの剃り残し・シェービング対応はどうなってる?

ここでは、全身脱毛を行うサロンのキレイモ、シースリー、脱毛ラボ、ラ・ヴォーグ、エタラビについて、剃り残しやシェービング対応を比較してみましょう。



こうしてみると、剃り残しの対応もシェービングの範囲、料金についても、各サロンによって方針がそれぞれ違うことが分かります。施術の度に関係してくることなので、サロン選びの参考のひとつとした方が良いですね。

剃り残しを避けての脱毛になると、脱毛できた部分とできてない部分とでムラが出来てしまい、追加で施術が必要になる可能性があることに注意してください。


シェービング代をとられないための対策


そのシェービングは本当に必要?

毎回必要のない費用は払いたくないもの。事前の自己処理を忘れずに入念に行ったうえで、強い意志でサロンでのシェービングを断れればベストです。

「シェービングしますね」と当然のように言われるとなかなか断りにくいものですが、しっかり自己処理できていれば、はっきり「要りません」と断っていいのです。


サロンでシェービングされる場合、実際に剃り残しがある場合と、シェービングの必要が無くても行うよう、店舗側からスタッフが指導されているといった悪意が存在する場合があります。

あまりに心当たりなくシェービングと料金の追加が続く場合には、サロンの変更を考えるのも一つの方法です。

数回に分けて、照明を変えて確認

剃り残しを作らないために、自己処理を1回で済ますのではなく、何回かに分けて行ってみてください。例えば2日前に1回、前日に2回行って、剃り残しがないか入念にチェックするのです。

人によって毛の成長スピードは違い、2日前に剃れば大丈夫な方もいれば、2日あると伸びすぎてしまう方もいます。その点からも数日に分けての処理が有効です。施術時に2mm以上にならないか心配な場合には、当日の朝にも自己処理します。

夜、それほど明るくない部屋で処理をしていると、残っているムダ毛を見落としがちです。懐中電灯を使って徹底的に剃り残しをチェックしたり、カーテン越しの太陽の光など、明るいところでチェックするようにします。

キャンペーンを利用

脱毛サロンには色々なキャンペーンが見られ、なかには「シェービング代ずっと0円」といった期間限定のキャンペーンが行われていることがあります。これを利用すれば、剃り残しがあっても、脱毛期間中いつでも無料でシェービングを受けることができます。このような機会を上手に利用できるといいですね。

シェーバーを持参

自己処理をきっちりやったつもりでも剃り残しを指摘されてしまう場合、サロンに電気シェーバーを持っていき、剃り残しを処理する方法もあります。

<全身脱毛、自己処理してもシェービング代をとられるって本当なの?・まとめ>

  • 安全で効率のいい脱毛のために事前の処理が欠かせない
  • 施術の2日前~前日に電気シェーバーで行う
  • 剃り残しがあるとしてシェービングされることがある
  • シェービングできる範囲や料金の有無はサロンによる
  • 自己処理できていればシェービングは断っていい
  • 数回に分けて処理し、明るい所で剃り残しをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です