全身脱毛は副作用や後遺症は大丈夫なの?



光脱毛を施術した後は、肌がほてった状態になりますよね。脱毛によって、肌には少なからず負担がかかっているということです。そのような施術で副作用が起こることはないのか、後遺症は大丈夫なのか、安全性が気になる方は多いと思います。

また、「脱毛したら汗の量が増えた」「皮膚がんになった」といったうわさ話が聞かれますが、このような情報は本当なのでしょうか?

全身脱毛をすることで起こり得る副作用や後遺症について、リスクの有無を含めてまとめてみたいと思います。


全身脱毛で起こり得る副作用とは


皮膚の赤み

副作用のなかでも、よほどひどい状態でなければ正常な反応と言えるのが、皮膚の炎症反応である「赤み」です。

脱毛では、機器からの光の照射によって毛根組織を破壊するための熱を発生させ、いわば「軽いやけどの手前の状態」を起こします。


この際の炎症反応として、脱毛後数時間~翌日にかけて肌が赤くなったり、ヒリヒリ感、痒みを感じたり、むくんだりすることがあります。

これは脱毛時だけでなく、シミ治療などレーザーなどの光を照射する際に、避けることができないリスクのひとつです。


赤みが出たときには、クリニックから渡される保湿剤や化粧水などでクールダウンし、症状が続くようであれば消炎剤や軟膏の処方が必要です。早めにサロンに相談したり、皮膚科を受診しましょう。

もともと肌が荒れていると炎症が強く起こりがちです。普段から保湿ケア、UVケアを充分にし、健康な肌を作っておくことが予防になります。

火傷(やけど)

通常の赤みであれば数日で引いていきますが、炎症が3日以上続いたり、色素沈着して黒ずみになってしまった場合には、火傷が起きてしまった可能性があります。

正常に脱毛が行われればここまでの副作用が起こることはなく、火傷にまでなってしまう原因として、

  • 脱毛機器に問題があった
  • 施術者の技術が低く、照射パワーが高すぎた
  • 脱毛前の日焼けによって肌が光に反応した
  • 元々の肌色が濃い
  • 肌の乾燥がひどくダメージが大きくなった

といった点が考えられ、いくつかの原因が重なっている場合もあります。とはいえ、全身脱毛で火傷が起こることは稀です。

クリニックなら、すぐに連絡して早めに診察、治療を受けます。サロンであれば皮膚科を受診してください。

脱毛中の日焼けは厳禁であり、火傷を防ぐためにも日頃からのUV対策が重要になります。サロンの雰囲気や口コミなども参考に、技術的に信頼できるお店を選ぶのもポイントです。

硬毛化

「脱毛したら毛が濃く、太くなってしまった」という場合、硬化症を疑います。顔や背中に多く見られる産毛などの細い毛が、光の刺激で濃く成長してしまう状態です。

原因は明確になっていないものの、毛根が半端な刺激を受けることで、抜けることなく活性化してしまい、硬毛化するのではないかと考えられます。

クリニックであればレーザーの種類を変えるなどして改善を図りますが、サロンであれば照射を繰り返し脱毛を促すことで、濃くなったムダ毛を減らしていくことになります。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎は、全身脱毛以外でも比較的起こりすい肌トラブルのひとつです。脱毛によるダメージで肌のバリア機能が低下したり傷がついた際に、ブドウ球菌などの雑菌に感染することで起こり、肌にニキビのような赤いブツブツができます。

ブツブツをつぶさないようにし、肌を清潔にすること、自己処理などで肌を傷めないようにして様子を見ます。痛みや赤みがひどいときには早めにクリニックを受診し、塗り薬を処方してもらってください。

埋没毛

全身脱毛によって稀に起こる副作用ですが、主な原因は、カミソリや毛抜きなど肌を傷つけやすいムダ毛処理や、体質などの複合的な影響によるものです。

十分に保湿して表皮を健康に柔らかくすることで、徐々に改善していきます。肌を傷めてしまうスクラブマッサージは止めておきましょう。


全身脱毛で起こり得る後遺症について



全身脱毛では、これといった後遺症は報告されていません。そこで、後遺症と思われがちないくつかの点について説明します。

汗の量が増える?

通常は脱毛することで汗の量・臭いとも軽減するはずであり、ムダ毛がなくなったことで汗を感じやすくなったせいで、汗が増えたように思うのではないかと考えられます。

制汗剤やパッドなどを上手に利用し、対策してみてください。汗がひどい場合には体質的な多汗症の可能性があり、病院で相談する必要があります。

全身脱毛でガンになる?

「全身脱毛を受けてガンになった」という噂がありますが、脱毛によってガンの発症率が上がることはほとんど考えられません。皮膚がんの主な原因は紫外線ですが、光脱毛で照射されるのは赤外線に近い光であり、その種類が違います。

日本医学脱毛協会からは「レーザーの光は皮膚表面から3~4mm程度のところまでしか届かず、血管や内臓には影響しない。皮膚ガンの原因となる紫外線とは違い、レーザーの光は赤外線に近いものなので心配ない」という見解を報告しています。


可能性として考えられるのは、脱毛後にひどい日焼けをしてしまったり、ホクロや濃いシミに照射した刺激によって、ガンに進行するケースです。

脱毛を行うクリニックやサロンでは、ホクロ、濃いシミ、日焼け部分、アザ、傷、かさぶた、そばかすなどには照射しない、というのが基本です。

万が一、脱毛後にホクロが変形したり違和感を覚えた場合にはすぐに皮膚科を受診する必要がありますが、このような副作用、後遺症の心配はかなり低いと言えるでしょう。

ホルモンバランスが崩れる?

ホルモンの作用により体毛が作られるため、生理不順や出産、閉経などでホルモンバランスが変化すると、体毛量が変わることがあります。

ただし「脱毛を行ったからホルモンバランスが乱れる」というような逆の作用は考えられないので、安心してください。

妊娠初期の胎児への影響

ホルモンバランスが乱れる妊娠中は脱毛を中断すべきですが、妊娠が判明する前に施術をしてしまった場合に、胎児への影響が気になると思います。脱毛の光で胎児の健康に影響することはありません。

とはいえ、妊娠中の母体は心身ともに不安定になりがちですし、脱毛効果も期待できません。妊娠中の脱毛は中断して、産後に再開するようにしてください。

その他のトラブル

脱毛効果は人により違うとはいえ、照射後2週間経過しても毛が抜けない場合には「打ち漏れ」の可能性が考えられます。脱毛機器の照射角度、間隔などの操作ミスが原因で、顔や腋、VIOラインなど照射範囲が狭く、施術しづらい場所で起こりやすくなります。

打ち漏れだと思われる場合、自己処理は行わずに2~3週間以内にサロンに申し出るようにします。


これらの副作用や後遺症のリスクは、サロンスタッフのスキルの習熟や、普段からの正しいスキンケアで予防できるものですが、重要なのは、何かあった時に速やかに対処できる体制です。

安心して通い続けられるように、サロン選びの際にはその点もしっかり確認しておきたいところですね。カウンセリングの際に気になることを質問してみて、回答内容や施術への姿勢を見ることが判断材料のひとつになります。


全身脱毛にはリスクの反面、いくつものメリットがあります。

ムダ毛処理の手間がなくなるだけでなく、自己処理での肌への負担がなくなって肌荒れが良くなった、毛穴が引き締まった、といった感想も多いですよ。

<全身脱毛は副作用や後遺症は大丈夫なの?・まとめ>

  • 炎症が悪化して火傷のようになるケースがある
  • 硬毛化、毛嚢炎、埋没毛などの可能性
  • 状態が悪いときにはすぐに皮膚科を受診する
  • 脱毛で汗の量が増えることはない
  • 皮膚ガンやホルモンバランスへの影響はない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です